2008年07月23日

しあわせの村 オートキャンプ 車中泊ベッド自作(3段ベッド)

神戸市にあるしあわせの村という施設のオートキャンプ場に行ってきました。

猛暑が続いていますが、標高250メートルの林間キャンプ場なので、夜はかなり涼しく、前席の窓を開けて網戸をつけていたのと、ポップアップの内側を全開にして、これも網にしていたので、少し寒いくらいでした。

ここは、体育館や温泉、温水プール、広場、アスレチックなど色んな遊び場があり、非常にオススメです。

キャンプ場もきれいに整備されており、各サイトに流し、電源やバーベキュー用の設備があるので、便利です。

それに、非常に虫が少なかったのに驚きました。標高が高いせいでしょうか。

今回は、子供たちが大きくなってきたので、いくらドリームスターといえども今までのように大人2名と子供3人が寝るのは難しいと思い、3列目の部分にチャイルドベッドを自作しました。

枠をスペーシアというパイプで作り、3列目の窓枠に乗せています。

ただそれだとパイプがかなりしなるので、最後部の横パイプには足をつけました。あと、前の横パイプには脚束という建築用の部品を足代わりにかましています。

これなら、60キロ程度の大人が乗っても大丈夫です。
childbed1.jpg
childbed2.jpg
childbed3.jpgchildbed4.jpg
2枚目写真の黒い棒が脚束です。3枚目のように窓枠に乗せています。窓ガラスとスペーシアがあたる部分には、スポンジを詰めていて、ずれないようにするのと、ガラスに衝撃が行かないようにしています。

スペーシアのつなぎ目は最近発売されたパーツで、脱着が自由にできます。普段は分解しておくことができます。

ベッドの板はコンパネを切り、サンドペーパーをかけた後、キルティングの布をタッカーでとめています。

実は、窓と窓の間隔が後ろに行くほど狭くなっています。作り始めてから気づき、現物あわせでスペーシアとコンパネを切りました。

本当は、100均で買ってきた突っ張り棒をベッドガードにしようと思っていましたが、上手く止まらず、次回には自作したいと思っています。

サイズは幅が約160センチ弱。縦が120センチです。

一階部分は、元もとのドリームスターのベッド用の板に加えて自作の板があるため、250センチ〜300センチくらいの長さがあります。

今回は、出発前に3列目にベッドを設置してからキャンプに行きましたので、設営がかなり楽でした。
posted by エルグランド 星夢 E50 at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。